会社概要 | 迫リコー

会社概要

会社概要

迫リコー株式会社

創立 昭和48年4月16日

建屋写真

所在地 〒987-0511
宮城県登米市迫町佐沼
字北散田86番地
TEL 0220-22-4431(代表)
FAX 0220-22-7081
0220-22-7064
敷地面積 38,812m2
床面積
第1工場 3,786m2
第2工場 4,993m2
第3工場 3,051m2
厚生棟 2,277m2
動力棟 180m2
資本金 4億4,000万円
従業員数 301名(2021年4月現在)
事業目的
  • 1、プレス等工作機械による精密機器の部品加工
  • 2、複写機・プリンターのユニットとオプション製品の製造
  • 3、各NC機器による精密機器部品の精密板金加工
  • 4、精密金型の設計、製作
  • 5、前各号に付帯する一切の業務
アクセス

● タクシー
くりこま高原駅からタクシーで30分
新田駅からタクシーで20分
● 車
築館ICから車で40分
若柳金成ICから車で45分

Google Mapを開く

ページトップへ

役員紹介

代表取締役社長 大橋 正典
取 締 役 佐藤 修
(非)取締役 菅野 和浩
(非)監査役 桒原 健二

ページトップへ

企業の社会的責任

企業の社会的責任とは

リコーグループは、全社員が地球市民、企業市民であるという理念の基に、人にやさしい、地球にやさしい企業、グローバルに継続的な発展を目指す企業活動を進め、企業市民としての責任ある行動と社会への貢献を行う社会的責任活動を実施しています。

CSR憲章


「リコーグループCSR憲章」は、リコーグループがグローバルで企業活動を展開していくにあたり、グループ全企業が「企業の社会に対する責任」(CSR: Corporate Social responsibility)を果たすための企業行動原則を定めたものです。

リコーグループCSR憲章

リコーグループ企業行動規範

「リコーグループ企業行動規範」は、リコーグループがグローバルで企業活動を展開していくにあたり、リコーグループの全ての役員および社員が守るべき基本的な行動規範を定めたものです。

リコーグループ企業行動規範

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

当社は、社員が仕事と育児を両立できるようにするため、また、社員一人ひとりが能力を十分に発揮できるようにするため、次の行動計画を策定いたしました。

行動計画書

女性活躍推進法に基づく行動計画

当社は、女性社員が個性と能力を十分に発揮できるような環境の整備を目的とし、次の行動計画を策定いたしました。

行動計画

環境経営

迫リコーは、環境活動を通じて環境負荷の低減として「環境経営」を目指しています。そのために、経営のあらゆる側面に「環境」の視点を取り入れ、事業活動の全領域において環境負荷削減を進めています。

環境経営

ページトップへ