環境経営への取組

TOPへ

基本方針

達は、地球市民の一員としてかけがえのない地球を守ることを企業使命として考え、経営の側面に「環境」という視点を取り入れ、事業活動の環境負荷を少しでも低減する事を目標に取り組んでおります。
リコーグループの環境綱領

基本方針
私達は、経営理念に基づき環境保全は我々地球市民に課せられた使命と認識し、これを事業活動の重要な柱の一つと捉え、自ら責任を持ち全社をあげて取り組む。
行動指針
1. 国内外の法規制の遵守はもとより、自らの責任において、社会の期待を考慮した環境負荷低減の目標を設定し、その実現に努める。
2. 環境負荷低減の目標達成を可能にする技術革新の推進に努めるとともに、環境保全推進体制の維持・改善を継続的に展開する。
3. 事業所設備の開発・設計・稼動にあたっては、環境との調和を常に把握し、汚染予防、エネルギーや資源の有効利用、および廃棄物の削減と責任ある処理を行う。
4. 企画・開発・設計・購買・生産から販売・物流・使用・リサイクル・廃棄に至るすべての段階において、環境への負荷が少なく安全に配慮した製品とサービスを提供する。
5. 環境教育を通じ、会社員の意識向上を図るとともに、一人ひとりが広く社会に目を向け、自ら責任を持って環境保全活動を遂行できるよう、啓発と支援を行う。
6. あらゆる国や地域において、社会と企業の連携を密にし積極的な情報開示、環境保全活動の助成・支援によって広く社会に貢献する。

リコーは、経営理念に基づいて1992年に「環境綱領」を制定し、1998年に改定を行いました。環境綱領は、環境報告書やホームページなどにも掲載されリコーグループ内はもとより社会に対するコミットメントとして位置づけられています。

リコーグループのコンセプト

内側ループのリサイクルを優先
資源の経済的価値が最も高まるのは、「製品としてお客様に使用して戴いている」状態です。使用済み製品を再び価値の高い状態に戻す為に必要な資源・エネルギー・コストを最小にすることを目指し、内側ループでのリサイクルを優先的に採用しています。





統 合 方 針

迫リコ−(株)は、顧客満足と環境保全及び情報セキュリティシステムの向上を図るため、構築された統合マネジメントシステムを維持し、有効性を継続的に改善する為、次の事項を重点に活動する。

1. 当社は、顧客・市場と法令・規則の要求を満たす製品を供給する。
また、地域・社会の要求など当社が同意するその他の要求事項に沿った
環境基準、情報セキュリティ基準、使用禁止物質を決定し順守する。
2. 当社は、製品品質の向上、サ−ビスの性質、環境汚染の予防、情報セキュリティの運用状況及び使用禁止物質を監視し、継続的に実施する為に、統合マネジメントシステムを確立し継続する。
3. 当社は、必要となる経営資源を適切に配置・配分する。
4. 当社は、パフォ−マンスを継続的に改善するために、業務プロセス
及びマネジメントシステムの有効性を継続的改善する。
5. 当社は、「統合方針」を組織で働く又は組織のために働くすべての人へ
6. 全従業員は、情報セキュリティ、個人情報保護関連規定を順守するものとし、
違反した場合には規定に準じた罰則が適用される。
7. 「統合方針」は、要請があれば一般の人に公開する。


廃棄物のリサイクル
(ごみゼロ活動)

環境保全活動

省資源・省エネ活動

社会貢献活動



ISO 9001認証

(1994.1.10)

ISO14001認証

(1999.8.15)